学校からのお知らせ

令和3年度学校からのお知らせ

1年生 算数の授業(9月28日)

 2時間目に、校内研究授業 1年生算数「かたち(1)」の授業がありました。校内研究授業は、校内の教職員に授業を公開し、授業後に協議会をもち、それぞれの授業力の向上や授業改善に生かすことを目的とします。二田小学校の研究主題は「『伝え合う活動』を通し、考えを深めていく子どもの育成」です。今日の授業でも、3人グループの仲間と相談しながら集めた箱を仲間分けしたり、分類した箱の特徴について意見を交わしながら見付けたりしていく姿がありました。

 入学してから半年が経ちました。協力して活動したり、意見を交流し合ったり、自分の意見を積極的に発表したりする姿に大きな成長を感じました。

 

 今日のメニューは、「さけのみそマヨコーン焼き、五目きんぴら、切り干し大根の沢煮湾、ごはん、りんご、牛乳」でした。

 りんごには、ビタミンやミネラルの他、ペクチンという食物繊維やポリフェノールが多く含まれていて、生活習慣病を防ぐ働きがあるそうです。これからりんごは旬の時期を迎えます。おやつや食後のデザートに積極的に取り入れたいですね。

5年生 干し柿作り(9月27日)

 24日(金)に収穫した柿を、5年生が干し柿にする作業をしました。まず、きれいに洗って、包丁やピーラーで皮をむきます。その後、ヘタにロープに付けた金具をかませます。それから、担任が熱湯消毒し、窓際の物干し竿につるして完了です。つるされた柿は、きれいなオレンジ色ののれんのようです。

 これまで、包丁やピーラーで皮をむいた経験があまりなかった子どもたち。はじめは皮が厚すぎて実が半分になったり、危なっかしかったりで、見ている方ははらはらしましたが、だんだんと上手になっていきました。おいしい干し柿になる日が楽しみです。

 

9月27日(月)の給食 今日のメニューは、「和風オムレツ、冷しゃぶサラダ、きのこ汁、ごはん、牛乳」でした。

 「きのこ」は秋の味覚の一つです。今日のみそ汁には、えのきだけ、ぶなしめじ、なめこと3種類のきのこが使われていました。野菜の価格高騰が続いていますが、これらのきのこは工場で栽培されるため、価格が安定しています。種類も豊富なので、いろいろな料理に使いたい食材です。

5年生 柿の収穫をしました(9月24日)

 ここ最近、急に柿が色付き始めました。そこで、今日の3時間目に色付いて収穫できるようになった柿のみを収穫しました。柿組合の方々も来てくださり、はさみの使い方やどういう柿を収穫したらいいか等を教えてくださり、一緒に収穫作業をしていただきました。

 昨年は、病気がついてしまい収穫量がとても少なかったのですが、今年はたくさん収穫できそうです。実の大きさも大ぶりなものが多いです。来週以降に全校でも収穫作業をします。

 

9月24日(金)の給食 今日のメニューは、「米粉のもっちりつくね、のりナッツあえ、根菜ごま汁、ごはん、牛乳」でした。

 「根菜ごま汁」には、にんじん、だいこん、ごぼう、れんこん、さといもと根菜類がたっぷりと入っていました。根菜には、食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、腸の働きを活発にし、おなかの調子を整えてくれるそうです。「根菜ごま汁」は、ごまの風味も香ばしく、食がすすむお汁でした。

3年間 ありがとうございました(9月22日)

 2週間に1回程度、ALTが訪問し、子どもたちに英語の授業をしてくださいます。この度の異動で、3年間二田小学校の子どもたちに英語を教えてくださった先生が、他校へ異動されることになりました。

 いつも元気で明るい先生で、子どもたちに楽しい英語授業をしてくださいました。先生のおかげで、英語が好きになったり得意になったりした子どもが多くいます。3年間の感謝の気持ちを込めて、朝活動の時間に全校でお別れの会をしました。また、今日はほとんどの学年で授業をしていただき、各学年ごとに感謝の気持ちを伝えました。「二田小学校の子どもたちは、本当によい子。二田小に来るのが楽しかった。」と話してくださいました。お別れするのは悲しいですが、これからも英語の学習をがんばります。

 

9月22日(水)の給食

 今日のメニューは、「チリコンカン、ダブルポテトサラダ、あさりと卵のスープ、背割れコッペパン、牛乳」でした。

 「チリコンカン」とは、アメリカのテキサス州で誕生したといわれる、豆と肉の煮込みです。そのチリコンカンを背割れパンに挟んで、おいしくいただきました。1年生も、大きな口を開けて「ガブリ」とチリコンカンサンドにかぶりついていました。

  

3年生 算数の授業(9月21日)

 9月1日から9月30日まで、卒業生が教育実習に来ています。3年生の教室で教育実習を行っています。

 今日の2時間目は、算数の授業を職員に公開しました。前半は、秒を分と秒で表したり、分を秒に直したりして時間の長さを比べる学習をしました。後半は、ストップウォッチを使って「10秒」の長さを体感する学習をしました。

 いつも元気で、意欲的に学習に取り組む3年生です。今日も積極的に発言し、楽しそうに学習していました。

 

9月21日(金)の給食 今日のメニューは、「サンマのかば焼き丼、こんぶあえ、満月スープ、十五夜ゼリー、牛乳」でした。

 今日は十五夜です。中秋の名月でもあります。作物の収穫時期である秋に、農作物を収穫できた感謝を込めて、団子や里芋、栗やススキなどをお供えするようになったそうです。今日の給食には、満月をイメージした満月スープとお月見ゼリーが出ました。今日は天気が良いので、とてもきれいな満月を見ることができるでしょう。

読書の秋(9月17日)

 今日の5時間目、2年生は学校読書支援員さんから読み聞かせをしていただいた後、週末に読む本を借りました。友達と楽しそうに本を見せ合いながら、本を選んでいました。さて、明日からシルバーウィークです。外遊びができない日や、秋の夜長は読書を楽しむのも良いですね。

 さて、9月21日(火)は、1年で一番美しいとされる月「中秋の名月」です。今年は、8年ぶりに満月となるそうです。図書室のカウンター上には、「星や月のおはなし」コーナーが作られていました。天体に興味がある人は、星や月にかかわる本を読んでみてはどうでしょうか。

 

 今日のメニューは、「さばのみそ煮、糸うりの五目なます、野菜のうま煮、ごはん、牛乳」でした。

 今日は、ぱくもぐランチの日でした。「糸うりの五目なます」が市内小中学校共通メニューです。糸うりは、柏崎野菜の一つで、かぼちゃの仲間の野菜だそうです。身がほぐれてそうめんのようになることから「そうめんかぼちゃ」とも呼ばれるそうです。不思議な野菜ですね。

1年生 アサガオのつるでリース作り(9月16日)

 今日の5時間目、1年生はアサガオのつるでリース作りをしました。これまで毎日水やりをし、大切に育ててきたアサガオです。そのアサガオも夏が終わり、たくさんの種をつけ、葉っぱもつるも枯れてきました。そこで、大切なアサガオのつるで、リースを作りました。支柱に絡まったつるをほどき、束にして丸め、そこに赤と緑の毛糸を巻き付けてリースにしました。クリスマス近くになったら、このリースに飾りを付けるそうです。きっと素敵なクリスマスリースに仕上がることでしょう。

 

9月16日(木)の給食 今日のメニューは、「手羽先風ささみ揚げ、ひじきの五目煮、油揚げのみそ汁、ごはん、牛乳」でした。

 給食には、大豆製品が多く使われます。今日の給食には、油揚げ、みそ、打ち豆、高野豆腐、みそ、と5品も使われていました。大豆には、タンパク質が多く含まれます。比較的安価で栄養価の高い大豆製品は、育ち盛りの子どもたちに多く食べてもらいたい食材です。

タブレットを使って(9月15日)

 3年生以上に、1人一台タブレットが配付され、いろいろな授業や活動で活用しています。

 9月から12月まで、上越教育大学教職大学院の先生が、週に1~2回程度おいでになり、職員にタブレットの活用について指導したり、授業の中で子どもたちに指導したりしてくださいます。

 今日の5時間目、6年生は外国語の授業でした。「夏休みの思い出」を、写真(または絵)と英語で、①I went to ~ ②I enjoyed ~ ③I ate ~ ④It was ~ の4枚のカードにする学習をしていました。インターネットから写真やイラストを取り込み、キーボードで英文を入力していました。6年生は、タブレットをかなり使い慣れていて、友達同士教えあったり、担任や上教大の先生から教えていただいたりして、次々に4枚のカードを仕上げていました。次の時間は、カードに音声を付けるそうです。完成が楽しみです。

 

 6時間目、4年生は理科の授業でした。4年生は、自分の木を決めて、1年間を通じて観察・記録しています。今日は、タブレットのカメラ機能を使って自分の木の写真を撮り、シートに取り込み、気づいたことをタッチペンかキーボードで入力する、という学習をしていました。撮ったはずの写真が保存されていなかったり、タッチペンで思うように文字が書けなかったりという子どももいましたが、これからだんだんと使いこなせるようになっていくと思います。

 

今日は、久しぶりの移動図書館(9月15日)

 今日は、久しぶりの移動図書館の日でした。20分休みになると、低学年、中学年の子どもたちを中心に大勢の子どもたちが、本を借りに集まりました。本が入ったコンテナをのぞき込み、友達とお話ししながら、思い思いに本を選んでいました。

 朝夕めっきり涼しくなり、秋が深まってきました。秋と言えば、「読書の秋」。これからの季節、テレビのスイッチをOFFにして、虫の鳴き声をBGMに、読書に親しんでほしいものです。

 

9月15日(水)の給食 今日のメニューは、「豆腐そぼろ丼(麦ごはん)、じゃこおひたし、もずくのみそ汁、牛乳」でした。

 「じゃこおひたし」には、ちりめんじゃこがたくさん入っていました。ちりめんじゃこは、カルシウムたっぷりの食材です。日本人はほとんどの年代においてカルシウムの摂取量が不足しているそうです。成長期にカルシウムが不足すると、骨や歯がきちんと作られなかったり、骨が折れやすくなったりすることがあるそうです。成長期にある子どもたちには、カルシウムたっぷりの食材を多くとってほしいものです。

西山中学校区合同学校保健委員会(9月14日)

 今日の5,6時間目、「メディアが与える心と体と将来への影響~メディア利用をコントロールできる自分になろう~」をテーマに、西山中学校区合同学校保健委員会を実施しました。例年ですと、内郷小学校と二田小学校の5,6年生が西山中学校へ行き、西山中学校全校生徒と一緒に実施するのですが、昨年と同様に今年も3校をZoomでつないで行いました。

 前半は、長岡市教育委員・インターネットアドバイザー 大久保真紀 様 の講演を全員が視聴しました。大久保様からは、メディアの弊害や上手にメディアと付き合うことについてなどをお話いただきました。子どもたちは、最近1週間のメディア(インターネット)使用時間を記録したワークシートから、1年間のメディア使用時間を計算しました。1年間では6~7万分になり、とても驚いている子どももいました。

 後半は、「メディア利用をコントロールする方法を考えよう!」をテーマに3,4人の小グループでディスカッションをしました。友達の話から、メディア利用をコントロールするためのアイディアを得た人も多かったことでしょう。今後ますます、メディアは私たちの生活に必要不可欠なものとなっていきます。大切なのは、メディアを上手に活用できるようになることです。これからも様々な機会を捉えて、その力を子どもたちに付けていきます。

 

9月14日(火)の給食 今日のメニューは、「白身魚のバーベキューソース、大豆とひじきのサラダ、かき玉みそ汁、ごはん、牛乳」でした。

 白身魚の唐揚げにかかっていたバーベキューソースには、ニンニクやしょうがの他に、リンゴやレモンの果汁が使われていました。リンゴの甘さとレモンの爽やかさを感じるおいしいソースでした。魚が苦手な子どもでも、おいしくいただくことができたと思います。