ブログ

5年生(令和6年度)

よろんご「米×食×〇」はじまりました!!(5年生)

 比角小学校の5年生の総合的な学習の時間では、米についての学習から私たちの「食」にまつわる課題を発見し、その課題解決に向けて学習を進めていきます。つばさ学年では、「米⇒食の関心事から、私たちの生活の中に『当たり前にある食べること』の文化について改めて考える」というねらいのもと、学習を進めていきます。

 まずは、インターネットや本などを活用して、調べ学習!米や食についての関心事を調べています。5年教室の壁面にはつばさ学年の調べたメモが掲示されています。

「給食で残った食べ物はどうなっているのだろう?」

「食に関するSDGsについて調べたい!」

「東京都のような都会では、どんな食べ物が育てられているのだろう?」

などなど…、子どもたちの疑問は多岐にわたっていますが、「食」という文化に関心をもち、どのように生きていくか考えられるようにこの1年間活動を進めていきます。

0

「大成功!1年生を迎える会」(5年生)

 つばさ学年の新しい1年が始まってもうすぐ1か月がたとうとしています。4月26日(金)には、1年生を迎える会が行われました。新しいフレンズ班(縦割り班)での活動であり、つばさ学年にとっては高学年としてのはじめての活動でもありました。

 各学級では、フレンズ班での5年生の役割について考えてから、この日を迎えました。比角小学校では5年生は「2、3年生の活動の様子を見守り、活動をサポートすること。6年生をフォローすること。」を頑張ることに決めています。活動の様子を見てみると、1年生が入ってウキウキな2年生や中学年として頑張ろうとしている3年生に対して、

「輪になるんだよ。」

「こっちにおいで。」

と、声をかける様子が見られ心優しいお兄さん、お姉さんの一面を感じました。

 また、進行を行う6年生が大変そうにしていることに気付き、

「この仕事、じゃあぼくがやるよ。」

「ここは僕に任せて!」

と、困っていることに気付き、サポートする姿も見られ、これからの比角小学校を引っ張るリーダーとしての一面を感じました。

 さて、つばさ学年の今年の学年目標、「気付き、考え、実行するつばさ学年」ですが、今回の姿はどうだったでしょうか。4月ももうすぐ終わりますが、この日は目標に近づけた1か月になったと思う1日でした。

0