学年ニュース

学年ニュース

1年:いもパーティー

 1年生は収穫したさつまいもでスイートポテトを作りました。

 ゆでて、つぶして、丸めて、卵黄をぬって、オーブントースターで焼きました。

 7名のお家の方ボランティアがスイートポテトづくりを一緒にしてくれました。

 

 砂糖やバターを混ぜたので、焼いていると甘くておいしそうな匂いがしました。

 

 一口味見をして、お家にもって帰って家の人と味わいました。

 

 スイートポテトづくりのあとは、歌やゲームをしていもパーティー第2部を行いました。

 

 椅子取りゲームをもじった”いも取りゲーム”が盛り上がりました。

 おいし、楽しいいもパーティーでした。

4年:藤井堰見学

 社会科で、農業治水について学習するため、藤井堰(せき)の見学に行ってきました。

 まず学校で、柏崎市地域振興局の方からダムと川の働きなどを教えてもらいました。

 藤井堰は、私たちの学校のすぐそばを流れる鯖石川を上っていくとあります。

 藤井堰は、米作りをするために、水はけのよい土地、安定した水の供給を目的に今から約400年前に青山瀬兵衛と言う侍を中心に大勢の人の努力でつくったものです。

 

 子どもたちが見学した現在の藤井堰は、昭和41年に完成したものです。

 

 柏崎地域振興局の方や柏崎市役所農林水産課の方から堰の役割や歴史を教えていただきました。

 槇原小学校の学区にある鯖石川に関係のある施設について話を聞いたり、見学をしたりすることで今まで以上に興味をもった様子でした。

 おいしいお米ができるまでには、堰(せき)が大切な役目だということが分かったので、また学校でも学習を行っていきます。

2年:図工共同制作

 2年生は、図工で「しんぶんしとなかよし」という造形遊びで共同制作を行いました。

 新聞紙を長く切ったり、丸めたり、つなげたりして自由に表現していきます。一人一人の活動がやがてグループの活動になるなど、表現活動を満喫していました。

 

 共同制作は、友達と考えを合わせた発想で、広い場所を使って表現するので、ダイナミックで個別制作とは違った楽しみがあります。

 

 自分たちだけの楽しい空間ができあがりました。

 

3・4年:大成功! 親善音楽会

 今日、3・4年生が、柏崎市文化会館アルフォールで行われた、親善音楽会に参加してきました。

 ステージでの持ち時間20分間でリハーサルから本番(録画)までを行いました。

 

 ステージに立つとたくさんのお家の方の顔が見え、自分の家の人を見つけ手を振り合う微笑ましい場面も。

 

 大きなステージで、明るい照明に照らされて、学校での練習の時よりもっとたくさんの観客の前で演奏できるということで、子どもたちはとても張り切って臨んでいました。

  

 よく音の響くステージで、歌声もきれい意に響き、合奏は楽しい音色で、最後がピタッと決まりました。

 

 学校に戻ってきてから「楽しかった!」「気持ちがよかった!」「大成功だった!」と120%満足いく演奏だったようです。

 

 本番の演奏途中で、木琴のマレット(バチ)の先の丸い部分が散れてしまうというハプニングもあり(学校での練習の時には一度もなかったハプニングでした)、20分間の時間内だったので、合奏だけ録音し直しました。

 子どもたちは、予定よりもたくさん演奏できたこともうれしかったそうです。

 

 たくさんの保護者の方から演奏をご覧いただきました。ありがとうございました。

 子どもたちのがんばる姿を動画におさめていた方が多くいらっしゃったので、今夜は一緒に鑑賞することと思います。子どもたちのがんばりをたくさん褒めてやってください。

6年:3・4年生にエール

 6年生が朝、親善音楽会に参加する3・4年生を応援したいと、教室に出向き、エールを送ったり、励ましの言葉をかけたりしました。

 「私たちも聞きたい!いけないのが残念…」と話していました。

 

 3・4年生は、エールを送られて、やる気が高まったようです。

 バスが学校を出発する時には、ちょうど昼休みの時間帯だったので、1年生や5年生の子たちが見送りに出ていました。同じ学校の仲間のがんばりを応援する気持ちが素敵でした。

5年:動画編集

 5年生の教室では、25日(金)に行う収穫祭に向けて、ポスターを作ったり、活動紹介の動画作成をしたりして準備をしていました。

 動画作成班の子どもたちはタブレットの動画アプリを使って、これまでの米作りのの様子をまとめていました。内容や構成にとても凝っていて、子どもたちの学ぶ力に関心させられました。

 どんな動画になっているか、5年生の収穫祭に参加される保護者のみなさんは楽しみにしていてください。

3・4年:親善音楽会練習

 3,4年生は、11日(金)に柏崎市文化会館アルフォーレで行われる親善音楽会に参加します。

 本番まであと2日。真剣な顔で練習に励んでいました。

 

 コロナ禍のため、当日は、他校と演奏を聞き合うことはできませんが、大きなホールでの演奏をお家の方に見ていただきます。

 子どもたちのがんばる姿を楽しみにしていてください。

 

1・2年:赤坂山公園 秋探し

 1年生と2年生は、秋探しに赤坂山公園に出かけてきました。

 ふれあい班ごとにドングリなどの木の実や落ち葉を探したり、ふれあい遊びをしたりして過ごしてきました。

 

 ふれあい遊びは、2年生が考えて、だるまさんが転んだやリレーをしました。

 

 リレーでは、「落ちている木の棒をバトンにする」と計画をしていたので、木の実拾いの時にバトンに合いそうな棒を探していました。

 拾った木の実は、1年生はドングリごまにしたり、アサガオのつるで作るリースの飾りにするそうです。

 2年生は、自分とお家の人のお土産にと持ち帰りました。

 秋晴れの下、遊具でも少し遊び、楽しい半日を過ごしてきました。

 

 子どもたちの安全確保のために、多くの保護者からボランティアとして参加いただきました。

 けがなく、事故なく無事に活動ができました。感謝申し上げます。

5年:音楽鑑賞会

 5年生は、今日の午前に柏崎市文化会館アルフォーレで混声四重唱コンサートを聞いてきました。

 女性のソプラノ、アルト、男性のテノール、バスの4つのパートで、「箱根八里」や「フニクリ・フニクラ」、「翼をください」など9曲とソロ曲4曲を聞きました。

*ホール内は撮影禁止のため、写真はありません。

 

 マイクなしの声が大ホールに響き渡り、素敵な演奏でした。特に、子どもたちは、ソプラノ歌手の高い声に驚いていました。

 また、フニクラ・フニクラを聞いて、「あれ、鬼のパンツの歌だよね。替え歌だったんだ」と気づいた子もいました。

 

 ピアノのソロ演奏もあり、「トルコ行進曲」をジャズ調にアレンジした演奏で、この演奏に心奪われた子もいました。

 

 本物にふれる、プロの演奏にふれた貴重な機会となりました。

3年:運動会ふれあいレター

 まきの子児童会の活動の中に「ふれあいレター」の取組があります。クラスや学年の友達、ふれあい班など他学年の友達、家族や地域のみなさんなど、いろいろな人に「ふれあいレター」を書いたり、もらったりする活動です。

 

 今日、3年生は運動会の前に、子どもたちがお家の方に宛てて「ふれあいレター」を書きました。

  

 運動会に向けてこれまでがんばってきたことや、当日ぜひ見てもらいたいと考えている【見どころ】などを書いていました。

 ・リレーで速く走るところを見てほしいです。

 ・綱引きが勝てそうなので、ぜひ見に来てね。

 ・1,2年の時とは走り方が変わったので、見てください。

 ・休み時間も教室でダンスの練習をしたよ。

などと、どの子もこれまでの努力の過程やお家の人を喜ばせたいという思いで書いていました。

 このふれあいレターは、明日以降持ち帰りますので、楽しみにしていてください。

 

 この活動は、全校で行っていますので、他の学年の子どもたちも一生懸命に書いた「ふれあいレター」を持ち帰ります。

 おいでいただくお家の方々には、子どもたちの思いを感じ取っていただき、その上で、本番の晴れ姿を見てあげてほしいです。