ブログ

学校の様子

3年:自転車教室

 今日、親子で安全な自転車の乗り方について、学習しました。教えてくれたのは、柏崎市役所市民活動支援課生活安全係と地域の交通指導員のみなさんです。

 

 2つのグループに分かれて、1つは、動画を見ながら安全確認の仕方や自転車の点検の仕方を教えてもらいました。

 

 自転車点検の合言葉は、「光るブタはしゃべる」です。

 

 光る…光るライト

 ブ …ブレーキがちゃんと効くか

 タ …タイヤに空気が入っているか

 は …反射器は付いているか

 しゃ…車体(ハンドル、サドル、ペダル)は安定しているか、高さは合っているか

 ベル…ベルは鳴るか

を見ます。

 

 もう1つのグループは、体育館に簡易信号や横断歩道を設置して、安全な左右確認の仕方や横断の仕方、交差点の曲がり方などを練習しました。

 

 

 自転車に乗るときには、しっかりヘルメットをかぶって、頭の安全を守る大切さも学びました。

 

 今日学習したことを生かし、安全、安心で自転車に乗ることを約束しました。

 

プール開き

 本日プール開きを行い、4~6年生が初入水をしました。

 「水が冷たかった!」「もっと長く入りたい!」と初入水の感想もそれぞれでした。

 

 1,2年生はもぐる・浮くなどの水遊び、3,4年生はけ伸びやバタ足などの浮いて進む、5,6年生はクロールや平泳ぎで25m~50mを泳ぐことを目標に学習します。

 

 また、全学年がブルボンウォーターポロクラブの方からの出前授業も予定しています。

3年:えんま市探検

 今日からえんま市が始まりました。

 

 柏崎市の「お宝見つけ隊」の3年生は、えんま市会場に出掛け、お店の人やお客さんにインタビューをしてきました。

 

 「お仕事中にすいません。インタビューしてもいいですか。」と勇気を振り絞って声を掛けました。

 

 お店の人には、どの地域から来たのか、たくさん買ってもらうための工夫は何かなどを聞きました。

 「大阪から来た」と言うお店の人が多かったようで、「関西弁だったよ」と遠方から露天商が柏崎に来ていることを実感していました。

 

 また、お客さんへは、「どこから来ましたか?」「何が楽しみですか?」と質問しました。

 コロナ禍が明け、久しぶりに規制のないえんま市なので、お客さんの楽しみがたくさんあることが分かりました。

 

 インタビューのほかに、えんま大王を見たり、自分が買いたい物のお店の目星を付けたりと、わずかな時間ではありましたが楽しみながら、しっかりとお宝を見つけてきました。

 

 今日は、給食もえんま市にちなんだ献立でした。

 枝豆ご飯、切干大根の焼きそば炒め、いわしのつみれ汁、牛乳、笹団子です。

 

 今の時期は笹の葉が大ききなる時期で、昔は田植えが終わったこの時期に、笹団子を持ってえんま市に出掛けたそうです。

 

 昔も今も、柏崎の人々にとって、えんま市はとても楽しみな行事のひとつです。

2年:野菜が順調に育っています

 2年生は、登校後に自分が育てている野菜に水やりをしています。

 

 水やりを終えた後に野菜苗の様子を聞くと、「背が高くなった」「お花が咲いたよ」と嬉しそうに話してくれます。

 

 今日は、生活科の時間に観察日記を書きました。葉の形や数、花の様子をよく見て絵に表していました。

 

 これからどんどん暑くなってきます。夏野菜たちがぐんぐん大きくなり、収穫をする日が楽しみです。

5年:体力テスト

 5年生は、3年生とペア学年となって、体力テストを行っています。

 

 5年生は上学年らしく、3年生にやり方やコツを教えたり、温かく励ましたりする優しい姿がたくさん見られました。

 

 

 3年生がシャトルランに挑戦した時には「数え間違えないようにする」「ペースメーカーとしてしっかり走る」とめあてを立て、責任をもって取り組みました。

 

 高学年としてメキメキ成長しています。

1年:あさがおの観察

 1年生は、毎朝あさがおの世話をがんばっています。

 

 朝方の雨で地面が濡れていても、水やりに行こうとするのはご愛嬌。それだけ愛情を注いで世話をしています。

 

 ふた葉から本葉へ、本葉が大きくなり、どんどん増えていくことを楽しみに水やりをしています。

 観察日記を書いて、ふた葉の出初めのころと比べることで、成長具合を実感していました。

 

 たくさんの花が咲くのが楽しみです。

クラブ活動

 今日、第1回目のクラブ活動がありました。

 

 クラブ長を決めたり、年間の予定を決めたりしてから活動を始めました。

 

 絵手紙を描いたり、指編みに挑戦したりしました。

 

 

 今年度のクラブ活動は、俳句、コンピュータ、折り紙、科学、スポーツ、手芸、イラスト、室内ゲーム、音楽、絵手紙の10の内容があります。

 

 4~6年で協力しながら活動を進めていきます。

6年:馬高縄文館見学

 社会科の歴史学習で長岡市にある馬高縄文館に行ってきました。

 

 馬高は、火炎土器が出土したことで有名な地域です。

 

 出土された土器や農作業や狩猟で使っていた道具を見学しました。

     

 また、「馬高・三十稲場遺跡」である縄文のムラの暮らしを再現した住居などもあり、興味深く学習をしました。

 

 当時の弓を再現したものを使って、絵に表した獲物をめがけて矢を放つ体験もしました。

 

 勾玉づくりにも挑戦しました。見事な集中力を発揮し、思い思いの形に削ってペンダントを作りました。  

 今の時代とは違って機械がない中で、縄文人の工夫や生活の様子を知ることができました。

 

4年:ひまわり自然調査隊

 4年生は、佐藤池球場近くを流れる源太川と排水路で、水中にすむ生き物調を行いました。

 

 講師の藤塚先生が事前に獲った生き物を見せてもらいながら説明を聞くと、俄然やる気が出てきた子どもたちでしる水の中に入っていた子どもたちも、生き物を見つけると目を輝かせていました。

 藤塚先生地域振興局の方たちのアドバイスを聞きながら、泥の中を探ったり、川の淵の草の下を探したりすると、シマドジョウやメダカ、アメリカザリガニなどの生き物を見つけました。

 

 見つけたのは、生き物だけではありません。川の中や川べりで、ごみも見つけました。

 捨てる人がいるからごみが落ちているのです。川にすむ生き物たちを守るためにも、このごみをどうにかしなければならないと感じました。

 

 テレビの取材も受けました。生き物がすみやすい川にするためにはどうしたらよいか、ひまわり自然調査隊の活動は、これからも続きます。

6年:租税教室

 6年生が柏崎法人会の方から税に関する学習「租税教室」をしていただきました。

 

 税金の種類を教えてもらったり、どんなものに税金が使われているかのクイズをしたり、動画を見たりして理解を深めていました。

  

 税金クイズは特に盛り上がりました。東京スカイツリー、電柱、神社、遊園地も税金でつくられていると考える子どもが多かったです。

 

 私たちが過ごす学校も税金で賄われている部分が多くあることを知り、用具や電気などを大切に使おうという気持ちを高めた子もいました。

 

 社会科学習で学んだ税金のことがよりよく理解できた租税教室でした。

 

 

絵本箱(読み聞かせ)

 当校では、読み聞かせグループ「絵本箱」のみなさんから、朝学習の時間に読み聞かせをしていただいています。

 

 15名のメンバーの方が交代で、毎週木曜日に子どもたちへの読み聞かせをしてくれます。

 

 今日は、今年度最初の絵本箱の日でした。1~3年生が、絵本の世界に引き込まれるひとときを過ごしました。

 

 

 

 読み聞かせは、音と絵とで情報が得られ、想像力や夢中になって聞く集中力などが上がる効果があります。

 

 また、自分が図書室から選ぶ本とは違うジャンルに出会う機会でもあり、新たな好奇心が生まれ、読書の幅が広がることも期待できます。

 

 「読み聞かせ」というと、幼児期に寝る前にお家の方に読んでもらう、保育園や幼稚園の先生に読んでもらう経験をしていますが、小学生でも有効な活動です。

 

 今後も「絵本箱」のみなさんから協力いただきながら、子どもたちと本の良い関わりを大切にしていきます。

 

5年:田植え

 雨のため1日延期となりましたが、きぼう学年の子どもたちが午後から田植えを行いました。

 

 コロと呼ばれ田植えをするときの目印を付ける道具で印を付けてもらい、植え方の説明を聞いてから挑戦です。

 

 ゆっくりとと田んぼの中に足を入れ、慎重に進んでいきました。田起こしで田んぼに入った経験があったので、今回はその時に得た足運びのコツを生かしながら進んでいました。

 

 コロで付けた印の十字の交差部分に2,3株にした苗をどんどん植えていきます。

 

 植え方のコツをつかむと、正面、左右の3か所をいっきに植えることができるようになった子もいました。

 

 また、ボランティアさんのアドバイスを受けながら、隅々まで丁寧に植えていく子もいました。

 

 田植えが終わった田んぼには、4羽のアイガモを放しました。

 米作りには、害虫や雑草の駆除が必要になりますが、このアイガモたちがそれらを食べてくれます。

 

 アイガモは、米作りをするきぼう学年の子どもたちにとって、大切な相棒になります。

 

 田植えを教えてくれた田んぼの先生の今井さんをはじめ、地域ボランティア、保護者ボランティアのみなさんから活動を支えていただきました。

 ありがとうございました。

みんなが本気! 運動会

 すがすがしい晴れ空の下、半田小学校の運動会を行いました。

 

 1年生のかわいらしい始めの言葉と応援団長の力強い選手宣誓で幕を開けました。

 

 3,4年生は、50m走と大玉送りレースを行いました。

 

 1,2年生は、50m走とおたすけ玉入れをがんばりました。

 

 5,6年生は、3本綱引きと全員リレーで白熱しました。

 

 

 エール交換も応援合戦も、これまでの練習以上に気合が張ったすばらしい応援でした。

  

 

 結果は、途中は2点差と僅差ではありましたが、プログラム後半の大玉送りレースと全員リレーを制した白組が競技優勝と応援優勝を果たしました。

 

 勝負はつきましたが、白組も赤組も、全校児童が本気で、力いっぱいがんばった運動会でした。

  

 

 子どもたちのがんばりに大きな声援と拍手を送ってくださった保護者の皆様、地域の皆様、ありがとうございました。

 

 また、早朝のテント建てや運動会後の後片付けを手伝ってくださった保護者の皆様にも感謝いたします。

 

 17日(金)のPTA奉仕作業に引き続き、「大勢の力に感謝」です。ありがとうございました。

運動会を行います!

本日、半田小学校の運動会を予定どおり行います。

「最後まで あきらめないで がんばろう!」のスローガンのもと、精一杯がんばる子どもたちに、大きなご声援をお願いします。

 

 応援席開放は、午前7時からです。よろしくお願いします。

前日準備

 5限に5・6年生と教職員とで運動会の前日準備を行いました。

 

 各委員会と応援団(4~6)に分かれて、会場づくりと最後の応援練習をがんばってくれました。

  

  

 この後の降雨量が心配ですが、舞台は整いました。

 明日は、子どもたちのがんばる姿をぜひご覧ください。

 

 

<保護者の皆様へのお願い>

 明日、児童応援席等のテント建てを行います。全部で10基のテントを建てます。

 

 午前7時からの保護者応援席の場所取りをした後に、テント建てを手伝っていただける保護者の方がいらっしゃいましたら、児童応援席付近にお集まりください。

 

 天幕を張り、テントの足を伸ばし、立てる作業です。

 

 よろしくお願いします。

 

クリーン作戦

 16日の1・6年生のクリーン作戦に続き、今日は2~5年生がグラウンドの石や枝を拾いました。

 

 5年生をリーダーにフレンズ班に分かれて活動しました。

 

 全校児童によるクリーン作戦と17日のPTA奉仕作業のおかげで、グラウンド環境は万全です。

 

 明日の夕方から雨が降る予報もあり、心配ではありますが、25日(土)は晴れるようなので、運動会は予定どおり実施できそうです。

運動会予行練習

 本日、運動会の予行練習を行いました。閉会式の流れを確認し、応援練習もしました。

 準備運動は、全員でラジオ体操をやります。

 

 エール交換で気持ちを高めました。

 

 結果発表のやり方も練習しました。

運動会本番は、どのような結果になるか? 

楽しみです。

大勢の力に感謝ーPTA奉仕作業ー

 本日15時からPTA奉仕作業を行っていただきました。

 

 グラウンドの側溝の泥上げや南広場前道路の枯れ葉掃除、プール内の落ち葉取りなど、5,6年生児童全員と1~4年児童の希望者、保護者、教職員とを合わせて約270名での作業となりました。

  

 どの箇所でも子どもたちや保護者の皆さんが精力的に作業してくださり、とてもきれいになりました。

  

 また、屋外の作業と並行して、ベルマーク作業もしていただきました。

 

 今年度初の試みとして、平日の開催となりましたが、大勢の方にお集まりいただきました。ありがとうございました。

 

 

 きれいになった環境で、子どもたちの教育活動が気持ちよく行うことができます。

移動図書館

 今日は、柏崎市立図書館ソフィアセンターの移動図書館がありました。

 

 一人10冊まで借りられるということで、真剣に本選びをしていました。

 

 今後も定期的に移動図書館が行われます。読む力がつくと、どの教科でも教科書を読む、問題を読むことに抵抗がなくなっていきます。

 

 文字を読むこと(音読)に慣れていくと、次は、読み取る力へとつながっていきます。

 

 学校では、週2回朝読書を行っていますが、ご家庭でも自主学習や休日の親子読書など、ぜひ読む機会を設けてください。

6年:調理実習

 家庭科「できることを増やしてクッキング」で野菜炒めづくりをしました。

  

 それぞれが野菜を切って炒める経験しました。「野菜炒めを作る」というできることが増えました。

 

 ぜひ休日に、お子さんから野菜炒めを作ってもらってください。