給食だより

給食だより

10月27日(水)の給食

 コッペパン

 りんごジャム

 おからのココット

 ブロッコリーサラダ

 野菜ときのこのスープ

 牛乳

 

 ココットは小さい耐熱容器に具材を入れ、卵やチーズをのせ、オーブンでグラタンのように焼いたものです。卵や野菜を使うので、栄養をしっかり摂れます。今日はおからを入れて作りました。おからはたんぱく質や食物繊維がたっぷり入っていて、とても優れた食品です。成長期のみなさんにぴったりです。

10月26日(火)の給食

 プルコギ豚丼

 わかめスープ

 牛乳

 手作りスイートポテト

 

 今日は秋の味覚「さつまいも」を使ったスイートポテトです。朝一番にさつまいもを蒸してつぶし、砂糖や生クリームを混ぜたものをカップに入れ、つや出しのみりんを塗ってオーブンで焼きました。さつまいもには、おなかの掃除をしてくれる食物繊維や、体の調子を整えてくれるビタミンCが多く含まれています。おやつなどでもたくさん食べてほしい食品です。給食では控えめな甘さにしています。

10月25日(月)の給食

 ごはん

 米粉のもっちりつくね

 五目きんぴら

 キムチスープ

 牛乳

 

 今日のきんぴらには、柏崎産の「まこもたけ」が入っています。味はクセがなく、ほのかな甘みがあり、シャキシャキした食感です。たけのこのような名前ですが、実はイネ科の植物です。ほぼ米作りと同じ栽培方法で、春に田んぼに水をはり、田植えをし、秋に収穫します。今の時期しか食べられない、おいしい旬の地場産野菜を味わいましょう。

10月22日(金)の給食

 ごはん

 さめの揚げ煮

 菊花ひたし

 さわにわん

 牛乳

 

 菊は新潟・山形・青森でたくさん作られ、それぞれの県の伝統食材として引き継がれています。種類は黄色い花と紫色の花があります。新潟と山形では紫色の花を主に作っていますが、山形では「もってのほか」、新潟の下越地方では「かきのもと」、中越地方では「おもいのほか」という面白い名前がついています。

10月21日(木)の給食

 ハヤシライス

 こんにゃくサラダ

 牛乳

 洋梨のタルト

 

 サラダに入っているこんにゃくは何からできているか知っていますか?こんにゃくは「こんにゃくいも」という芋からできています。こんにゃくいもは、子どもの頭ほどある大きな芋です。そのままではまずすぎて、煮ても焼いても食べられないのですが、加工してこんにゃくにするととてもおいしいです。今日はこんにゃくをさとう・しょうゆで味をつけてサラダにしました。

10月20日(水)の給食

 ごはん

 豚肉のしぐれ煮

 梅ドレッシングサラダ

 みそけんちん汁

 牛乳

 

 しぐれ煮は、生姜を使った煮物のことを言います。「生姜煮」とも言われます。今日は、ぶた肉と生姜をひじき、ごぼう、しらすと一緒に甘じょっぱく煮込みました。柏崎のおいしいコシヒカリと一緒にいただきましょう。

10月19日(火)の給食

 ごはん

 ひじきとおからのハンバーグ

 さつまいものカリポリサラダ

 きのこ汁

 牛乳

 

 毎月19日は食育の日です。この日は、柏崎市内の保育園、小学校、中学校で旬の食材を使った合同メニューを味わいます。今日は、さつまいものカリポリサラダです。揚げたさつまいもやアーモンド、野菜などたくさんの種類が入っているので色んな食感がありますね。どんな食感があるか探してみてください。

10月18日(月)の給食

 ツナそぼろ丼

 豆腐ごまだんご汁

 牛乳

 ヨーグルト

 

 10月18日は今年の十三夜です。十三夜とは、昔の暦の9月13日に行われる月見のことです。十三夜の月は、十五夜の次に美しいと言われていて、昔から大切にされてきました。十三夜には、大豆や栗を供えていたため、「豆名月」や「栗名月」とも呼ばれています。今日は、お月見を意識して手作りの豆腐ごまだんごを入れた汁物です。

10月13日(水)の給食

 米粉めん

 ミートソース

 フレンチサラダ

 牛乳

 ミルメークコーヒー

 りんご

 

 米粉めんは小麦粉の代わりにお米の粉を使って作ったものです。給食では粉の65%に米粉を使っているので、ソフトめんより少し「もちもち」した感じです。日本人の食事の中で年々お米を食べる量が減っています。少しでも米を食べてもらおうと、数年前から各地で米粉パンや米粉めんが作られるようになり、学校給食でも取り入れるようになりました。今日はミートソースで味わいましょう。

 1年生だけ特別にうさぎりんごにしました。子どもたちが喜んでくれるのを楽しみに一つ一つうさぎを作ってくれたそうです!

10月12日(火)の給食

 ごはん

 さんまのおろしソース

 しその実和え

 さつま汁

 牛乳

 

 さんまは漢字にすると「秋」の「刀」の「魚」と書きます。その名の通りに秋に一番多くとれる魚で、刀のように細長い形をしています。魚は季節によって脂のつき方が違います。さんまは秋が一番脂が多くておいしいです。この脂には鯖などと同じく血液をサラサラにしたり、記憶力を高めたりする働きがあります。体によい旬の味を味わいましょう。