日吉っ子日記

日吉っ子日記

9月8日(水) 新型コロナウィルス感染を防ぐために

 本日の4限は、養護教諭が、全校児童に向けて、新型コロナウィルス感染を防ぐために、改めて新型コロナウィルスに関する正しい知識と予防する方法を話しました。感染したときの症状、感染した人は治療すること、感染してもほとんどの人は数日で症状がなくなり、10日間くらいで周りの人に感染することがなくなること等、新型コロナウィルスの特徴を伝えました。感染する場所や感染のしかたも伝え、それを防ぐために、手洗いをすること、マスクを着用すること、三密を避けることが大切なことを、改めて話しました。話を聞いて、子どもたちは、自分や周りの大切な人を守るために予防に努めること、感染において周りの人を思いやり、優しい気持ちで接していくことが大切なことを、みんなで考えました。

8月24日(火) 前期後半がスタート。夏休みの取組を発表しました。

 本日より前期後半がスタートしました。子どもたちが元気に登校し、さわやかにあいさつをし合い、学校生活が始まりました。最初の全校集会では、校長が「目標をもち、ねばり強くがんばろう」と「仲間と高め合う関係をつくろう」と話し、生活指導担当職員が「よりよい自分になろう」と生活目標を伝えました。子どもたちが新たな目標をもって、仲間とともにがんばる前期後半が始まりました。養護教諭から子どもたちに話しましたが、新型コロナウィルス感染防止対策をしっかりと行いながら、一つ一つの教育活動を進めていきます。

(各学級では、子どもたちが夏休みに取り組んだことや作った作品を発表し合いました。)

8月23日(月) 本日で夏休みが終わり、明日から前期後半です。

 本日で33日間の夏休みが終わります。児童の皆さん、楽しく充実した夏休みにできましたか。夏休みならではの体験を積むことができましたか。夏休みの思い出とともに、終わらせた夏休みの課題をまとめ、明日を迎えてください。明日から前期後半が始まります。元気に登校しましょう。新たな目標をもち、それに向かって、みんなでがんばる前期後半にしていきましょう。

8月19日(木) 本日より子どもの作文が新潟日報に掲載されます。

 本日より子どもたちの書いた作文が、新潟日報の「柏崎」のページにおける「自由帳」として掲載されます。本日より9月11日まで、各学年3名ずつ、子どもの思いや目標等、自分で決めて仲間とともに取り組んでいることをまとめた作文が、毎日一人ずつ掲載されていきます。どうぞお読みください。

8月4日(水) 船上から柏崎の美しい風景を見ることができました。

 ふ頭を出発した後、船内の装備を見学し、掃海の仕事についての説明を聞きました。6年生は話を聞いたり質問したりして、海上自衛隊の仕事について理解を深めました。また、海上から米山や柏崎の市街地を見て、見たことのない風景は新たな発見となりました。暑い一日でしたが、海上はさわやかな風が吹き抜け、ふるさと柏崎のすばらしさを感じた航海となりました。

8月4日(水) 6年生が体験航海に参加しました。

 柏崎港開港50周年を記念した体験航海に、6年生が参加しました。掃海艇「すがしま」に乗船し、中浜ふ頭から鯖石川河口まで、約1時間の航海でした。午後2時、日吉小学校をバスで出発し、ふ頭に着きました。その後、救命胴衣を着て、船内での説明を受けて、乗船しました。

7月27日(火) 絆づくり会議、各校の取組を発表し合いました。

 夏休みに入って6日目となりました。本日の午前、瑞穂中学校を会場に、瑞穂中学校区絆づくり会議を開きました。瑞穂中学校区の小学校3校・中学校1校の代表児童生徒24名が集まり、各校の「仲間のよさを認め合う取組」について発表しました。自己紹介やアイスブレーキングの後、各校の取組として、あいさつ運動・いいとこマスク・ふれあい班遠足・ふれあい班遊び・ふれあいレター・全校交流・ふわふわweek・ハートフル活動等、各校で取り組んできた活動を紹介しました。その後、各校の取組について、4つの班に分かれ、互いに質問したり意見を交換したりして、より良い取組になるよう話し合いました。4校の子どもたちが、各校の取組に学び、絆を深めることができた時間となりました。

   (日吉小学校の取組の発表と話し合いの様子)

7月21日(水) 仲間とともに高め合った前期前半が終わりました。

 本日で前期前半が終わりました。授業した日数は72日でした。全校集会で、校長が普段の学校生活や学校行事等で、子どもたち一人一人の確かな成長を感じたこと、仲間とともに高め合う姿がたくさん見られたことを伝えました。また明日からの夏休みに向けて「①命を大切にしよう、②夏休みならではの体験を積もう、③家族の一員として過ごそう」と話し、楽しく充実した夏休みにしましょうと呼び掛けました。続いて生活指導主任から「自分で決めて、大変だけれど正しいことに取り組み、笑顔いっぱいの夏休みにしましょう」と話がありました。その後、前期前半最後の授業と給食、学級担任からの話があり、子どもたちは前期前半の取組を振り返って終え、区切りとしました。明日から子どもたちにとって楽しい夏休みが始まります。

      (前期前半最後の授業と給食の様子)      

7月19日(月) 歩道橋工事が始まり、通学路を変更しています。

 7月12日より土合横断歩道橋の工事が始まっています。それに伴い、子どもたちの通学路を変更しています。変更した通学路を通って、子どもたちは安全に登校しています。毎日の登校時と下校時に、工事関係者の方が歩道橋工事の周辺に立ち、子どもたちを安全に誘導してもらっています。なお、この工事は10月末まで続く予定です。

7月15日(木) 桜プロジェクト実行委員会、植樹について話し合いました。

 本日、桜プロジェクト実行委員の皆様にお集まりいただき、今年度実施する第2期植樹について話し合いました。6年生の皆さんが6つの班に分かれ、植樹する桜13本の種類や、植樹する場所について説明しました。地域のやすらぎとなる「桜の里」を復活させるよう、6年生が考え、提案した内容でした。その後、実行委員の皆様で審議して、決定し、次は11月の植樹に向けて動き出します。